2016年1月17日日曜日

【アピチャッポン特集】映画『ブリスフリー・ユアーズ』評 text大久保 渉

「 君と見つめ合った瞬間を思いだす 」

 あの日あの時あの場所で、彼らは何を感じていたのだろうか。今でもふと思いだす、あの涙。あの頬笑み。

 優しく女の頭をなでていた、男の大きな手。慈しむように男の体に触れていた、女たちの小さな手。澄み切った川の中で触れあう男と女のみぎ足ひだり足。女たちを温かく見つめる男の穏やかな瞳。

 それは純情な愛ゆえの行動なのか、それともただ満たされない心を埋めたいがための、孤独ゆえの行為なのか。不法移民で無職の青年ミン。息子を亡くした中年女のオーン。そして恋人との仲がうまくいっていない年若い娘ルン。カメラは彼らの不思議なつながりを映しだす。時に遠くから、時に彼らの背後から。まるで無関心を装うかのように、まるで彼らの心の中を隠すかのように。お互いに足りない何かを補い合って生きている彼らの姿が、眩く、侘しく、心の内に滑り込む。

 そして私は、思いだす。過ぎ去りし日々の中で出会った大切な人たちの面影を。今はもう会うことのない人たちの眼差しを。もしもあの時彼らの気持ちにもっと寄りそっていたならば、いや、それはしかし、やはりどうでもいいことなのかもしれない。

 あの日あの時あの場所で、過ごした日々のぬくもりは、今もこうして微かに胸の中に残っているのだから。たとえそれがその場限りの慰めであったとしても、それは映画の中の、あの生い茂る森の木々の間から差し込む陽光と同じように、私の心を、じわりじわりと温めてくれるのだから。たとえそれがやがては消え去ってしまうものであろうとも、しかしいずれはまた陽が昇るのと同じように、不思議と胸の奥底からふっと思い出される日が来ては、あの瞬間を恥ずかしく思いながらも、きっと懐かしむことができるのだろうから。

©Kick the Machine Films

(text:大久保渉)




『ブリスフリー・ユアーズ』
英語題:Blissfully Yours
2002年/タイ/カラー/35mm/125 分

作品解説
ミャンマーからやって来た不法労働者のミン、そのガールフレンドの若い女性ルン、ミンを何かと気づかう中年女性 オーン。ミンとルンとは森の中をさまよいながらひと時を一緒に過ごす、偶然同じ時に不倫相手と森に入ったオーン は姿を消した相手の男を探すうちにミンとルンと遭遇する...。ジャン・ルノワール監督の不朽の名作『ピクニック』 にもたとえられた至福の映画。

スタッフ
監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン

配給:ムヴィオラ

公式ホームページ

劇場情報

「アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ2016」
アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の旧作長編+アートプログラムを特集上映!

期日:2016年1月9日〜2月5日
場所:シアター・イメージフォーラム

0 件のコメント:

コメントを投稿